冷房病

お問い合わせはこちら LINEでのご予約はこちら

冷房病

冷房病

2021/08/30

冷房病とは

急激な温度変化を一日に何度も感じると、体温調節をコントロールする自律神経が麻痺したり、混乱したりします。その結果、全身的な血行不良を起こし、さまざまな症状が出てくるのが冷房病です。

・手足が冷える

・身体がだるい、疲れやすい

・食欲不振、下痢

・イライラする

・肩こりや腰痛、神経痛

・むくり、肌荒れなど

腹式呼吸で自律神経を整える

自律神経を整えると、免疫力をアップ、内臓機能を向上、血行を良くするなど多くの効果があります。

①背中をまっすぐにのばします。

②下腹に力を入れるような感じでお腹を膨らませながら、鼻で大きく息を吸います(約3秒かけます)。

③お腹全体をひっこめながら、口でゆっくりと息を吐きます(6秒以上)。肺の空気を全部吐き出すつもりで、ゆっくりと吐きましょう。

冷房病に効くツボ

・「大腸兪」ウエストの下、背骨から左右に指2本外側。

握り拳やテニスボールを大腸兪に添えた状態で仰向けに寝ましょう。

・「次髎」は「大腸兪」の指3本下の尾骨の両側。テニスボールなどで刺激するとよいでしょう。

・「太衝」足の親指と第2指の付け根を親指でゆっくり刺激しましょう。

・「三陰交」内くるぶしから指4本上を親指でゆっくり刺激しましょう。。

・「太渓」内くるぶし角の脈動部を親指でゆっくり刺激しましょう。

夏こそ湯船で体を温めよう

夏はついシャワーだけですませてしまいがちですが、できれば湯舟につかりましょう。

ぬるめのお湯でゆっくりと半身浴をすると、冷えて収縮した血管が広がり、体が温まります。

足湯も効果があります。

冷房病の対策

①体を冷やさないようにしましょう

体に直接冷たい風が当たらないようにしましょう。

②冷房より除湿が大事

湿度を40〜60%に保てば、室内温度をあまり低くしなくても快適に過ごせます。

③睡眠不足に注意しましょう

疲れてだるいときは、昼食後に15分程度仮眠するのもいいでしょう。

④適度な運動をしましょう

1日1回ウォーキングなどで軽く汗をかく運動をするようにしましょう。

⑤温かいものを食べましょう

涼しい室内では、冷たいものを食べると身体の内側から冷やしてしまうため、なるべく温かいものを飲み、温かいものを食べることが大切です。

足のむくみ 体の不調 自律神経 などのお困りがある方は 枚方 Bornbody鍼灸整骨院へご相談下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。