枚方市で膝半月板損傷でお悩みならBorn body鍼灸整骨院にご相談ください。

お問い合わせはこちら LINEでのご予約はこちら

膝半月板損傷

膝半月板損傷でお悩みの方へ

半月板損傷の主な症状には、膝の痛みや曲げ伸ばしの際の違和感などがあります。
半月板とは、太ももにある骨とスネにある骨の間に存在しているC字型の軟骨組織のことで、荷重と安定性の役割を担っており、膝の内側と外側にそれぞれ存在しています。半月板自体が痛むことはほとんどないですが、損傷すると半月板のかけらが関節に挟まって炎症を起こしたり、安定性が低下するため膝の痛みや不安感が生じます。
半月板単独の損傷もありますが、前十字靭帯損傷などに合併して起こる場合も多く存在します。
このような症状でお悩みの方は当院にご相談ください。

膝半月板損傷でお悩みの方は Born body鍼灸整骨院 にお任せ下さい。

現在は膝半月板損傷は温存を目的とした治療が重要視されています。
MRIの結果が軽症で、特に血流がある部位の損傷の場合は保存療法が有効です。
実際の治療としては、運動療法や足底板、ヒアルロン酸の関節内注射などの保存療法か、関節鏡(1cmの小さな切開が2つで手術が可能です)を用いての半月切除術や修復術(ラスピング、縫合術)などの外科的治療が選択されます。
血流がない部位の損傷では半月切除術を行いますが、膝半月板手術後のリハビリテーションは、切除術か縫合術かにより大きく異なります。内側か外側か、切除または縫合部位・範囲によっても異なります。また軟骨損傷を伴っている場合には、訓練の開始時期は通常遅くなります。そのため、リハビリテーションのメニューは個別に決定し行います。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。