スポーツ外傷の応急処置

お問い合わせはこちら LINEでのご予約はこちら

スポーツ外傷の応急処置

スポーツ外傷でお悩みの方へ

スポーツ外傷の応急処置

スポーツでケガした場合はどう対処するのがベストでしょうか。スポーツをしていると、どれだけ注意を払ってもケガというものはスポーツをする上ではつきものです。スポーツでケガをしたしたときは、早くスポーツに復帰するために筋肉を落とさない治療が大切です。そのため、適切な処置を行いましょう。


スポーツ外傷とスポーツ障害とは?

スポーツ障害とは、運動によって過度の負担が繰り返される事によって蓄積され、負担のかかっている部分が徐々に損傷し、痛みを主症状とした慢性状態に移行したものをいいます。軽度の場合は運動時痛のみですが、重傷になると日常生活動作にも困難を生じるようになります。
スポーツ外傷とは、運動中に大きな力が急激に加わることにより起きるケガのことで、骨折、脱臼、捻挫(靱帯損傷)、肉離れ、腱の断裂などがあります。このような場合は、まずRICE療法を応急処置として行います。

応急処置(RICE処置)とは?

外傷を受けたときなどの緊急処置は、患部の出血や腫脹、疼痛を防ぐことを目的に患肢や患部を安静(Rest)にし、氷で冷却(Icing)し、弾性包帯やテーピングで圧迫(Compression)し、患肢を挙上すること(Elevation)が基本です。
RICEはこれらの頭文字をとったものであり、スポーツを始め、外傷の緊急処置の基本です。RICE処置は、捻挫や肉離れなどの四肢の「ケガ」に行います。
ご不安なことや分からないことがあれば、当院にご相談ください。

このような症状の方はご相談ください

✅ 同じところを何度も痛めてしまう
✅ 運動すると痛みが出る(日常生活では問題ない)
✅ 身体に違和感がある
✅ 薬や湿布を貼っているが痛みが取れない
✅ 症状が徐々に悪化している
✅ 運動後、徐々に痛みが強くなる

上記のような症状でお困りなら、当院までご相談ください。
スポーツによるケガはスポーツをやりながらの治療になるため早急な処置が今後に大きく影響する場合がございます。
何か身体で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。